R-COLORS

ARTICLE PAGE

壮絶な実話

Lavi1-400.jpg





ラビたんを描きたくなって
ペンを持ったのはいいんだけど
はて?どんなんだったけ?となったのが
自分でも不思議でならんかったです;
いや~人間って本当に習慣の動物だよね(笑)
やってないと直ぐにできなくなる・・・
だってあんだけ描いてたラビたんですよ!
3年間もっ!
描いてない期間の方が短いはずなのに・・・おかしぃなぁ~

お前、こんなんでラビュ漫画描けるのかよって
突っ込みたくなりましたよね~(汗;)

でもね、以前のラビたんは片目だけだから「比較的描きやすい」と
思っていたのは勘違いだったと気づきました。
逆です。
片目だからこそバランスが取りずらくって難しいです。
なので今日の日記絵のラビたん、実は
眼帯の下に目があります(笑)
両目を描いてから眼帯を乗せました。
おそらくこれからはそうやってラビたんは描いていくと思います。
ラビたんの右眼、どうなってんのか知りたいよね・・・ムズムズ
写輪眼や輪廻眼みたいに特別な眼だったら萌えるな~vv
それが「発動」したらヤバいからもちろん隠すよね
武器になるかはわからんけど、
今までの記録の倉庫の鍵ってのかな。
上手く言えないけど右眼を開いたらログ記録がぶっとぶとか?
とりあえず、ユウちゃんの左胸にあった梵字位の「意味」があっても
いいと思うの・・・
昔、旅してて闘いで怪我を負っただけじゃただの「海賊」だから
それはやめて欲しいっすけどね~


さて、それはさておき
最近、会社で気が合う方が増えまして・・・
ここではAさんと称しておきましょうか。
Aさんと今日は比較的ゆっくりお話しする事ができたんですが、
Aさんの壮絶な人生に私はビックリしたのです
実はAさんは日本人の父と中国人の母から生まれました
そしてAさんが生まれたところはベトナムです
生まれたのはベトナム戦争終結直後で、当時のベトナムは
本当に何もなくなってしまったそうです
幼かったAさんは父親を戦争で失い、その後も母をも失い、
残った兄妹4人で「ベトナム難民1号」として日本に来たそうです
強制的に日本国籍を取り、父方の親族に育てられたんだそうです
ベトナムからの難民を受け入れたのは日本政府ですが
日本国民全てが受け入れた訳ではなく
Aさんは「難民」ってだけで、いじめや差別を受けながら
生きてきたそうです。

私は正直「ベトナム戦争」は映画や書物でしかわからなくって
Aさんにも「ベトナム戦争」=「プラトーン」だって言ったけど
普通の人の感覚はそうだよって言ってた
やっぱり経験しないとわかんないから仕方がないと。

「ベトナム戦争」(ウィキペディア)


その後のAさんの生い立ちも聞いたのですが
本当に壮絶で震えました

第一、強制的に祖国を離れ違う国の人になったんですよ

私は、特別に日本愛国主義ではなく普通の日本人です
ですが、やはり今、いきなりこの国を離れ
知らない国の国籍を取らされ、その国の人間になれっていわれたら
どうなるでしょう?
精神的におかしくなるに違いない。
旅行に行くとか留学するとか出張だとかホームステイとか
そんなんじゃないんだもん
そりゃね、自分から望んで帰化するのはいいと思うけど
「強制的」ってのは人の人生が変っちゃうんだもん

なんていうのかな。
戦争の傷跡ってのは本当に悲惨だよね。
なんで同じ人間同士がこんな事しなくちゃならんのか
全くわからんです。
そして怖いです。
世界がずっと平和であってほしいです。


もう、私には想像を絶する事だから
ただただ驚くばかりでしたが
Aさんには今後幸せになってほしいですね。

でもって逞しく生きてるAさん。
私ももうちょっと逞しく生きて行かないと
いけないな~って思いました。
そして私なりにいろいろあるけど
それでも今は幸せなんだなって感じました。

なんか今日は重くてごめんなさい;;







tag-arigato-mizuiro.gif   
   
tori-clap1.gif

Comments

Leave a comment