R‐COLORS

ARTICLE PAGE

南極のペンギン






動画サイト「Gyao!」で南極ペンギン物語というドキュメンタリーをみました。
(上の画像からリンクとべます)

コウテイペンギンの赤ちゃんがふ化してから、親元を離れるまでの半年を追った物語。

なんとも可愛らしくて、ほほえましい場面もありますが、
「生きる」事の厳しさを表しています。
それに映像が凄くって、どうやって撮影したんだろうって
余計な心配までしちゃって、素晴らしいです☆

両親は交代で子供を守り育てていきます。
でも、ふ化してから半年でもう親は子供から去って行き、
親子は二度と会うことがないそうです。
本当に動物の世界って、親と子の別れがはっきりしてて
凄いなぁって思ってしまいます。
自然の厳しさや、仲間との規律や生きていく為の術を親から学びつつも
持ってる感覚ってのがあるみたいで、
そうゆうとこ人間とは大違いです。
人間はきっと子育ての時間が長すぎるのかもしれませんね。
それに「情」という気持ちがあるのも、他の動物とは違うとこだと思います。

懸命に生きてる自然界の動物たちには関心するばかり。
彼らは「生きる」か「死ぬ」かで毎日弱肉強食の世界で暮らしてるのに、
なんだか小さな事でくよくよ悩んでるのが
ちっぽけに感じてきてしまった(笑)

「南極ペンギン物語」は動画サイトGyao!」で10月28日まで無料でみられます。

tag-arigato-mizuiro.gif   
   
tori-clap1.gif

Comments

Leave a comment